痰がのどに詰まる病気になったときの対処法は?

痰が喉に絡んでいると、息もしづらくなるし、会話もしずらくなります。

仕事にも支障が出るし、ふつうに生活を送るうえでも不便です。

ジュン

僕も痰がひどく出ていた時期があって、何をするにも億劫に感じていました。

時に人と話をするときは痰が絡んで声が出ないから、いつも聞き返されていたのです。

「最近喉の調子がおかしいな」という程度ではなくなってきたので、調べてみると病気でした。

病名を知って、正しい対処法をとりましょう。

痰が喉に絡んでしまう病気の体験談

ジュン

僕は営業職をしているのですが、痰が喉に絡んでいたときはお客さんと会話するのが大変でした。

痰が絡んで声が出ない、声を出せても小さいから聞き取ってもらえないから言いたいことが伝わらないのです。

お客さんに何度も「え?」と聞き返されてしまったり、同僚に「なに?わかんない」と言われてしまったり。

喉の調子が絶不調の日はしゃべろうとすると咳込んでしまうから、ぜんぜん話ができないのです。

しかも、ずっと痰が喉に絡んでいるから吐き出したいけどなかなか出てきません。

トイレで痰を吐き出したいと思っても、人がいたりして思いっきり「カーッぺ」とできないのでつらい…。

どうにかしたいと思い、いろいろ調べてみると痰には2種類あることがわかりました。

痰の種類①

まず1つ目は肺や気管支から上がってくる分泌物です。

気管支は肺と気道をつないでいる器官で細い枝ようなところです。

呼吸をすると肺にも気管支にも汚れやゴミがたまってしまうので、痰になって上がってくるのです。

吐き出してもいいのですが、飲み込んでも消化器官で消化して排出できるので問題ありません。

痰の種類②

そして、もう1種類はただの鼻水です。

健康な人でも1日に3リットルちかい鼻水がのどに流れていると言われています。

風邪をひいていたり、鼻詰まりがあったりするとこの鼻水がネバネバになるので痰が絡むようになるのです。

痰の分泌量が増えている人は気管支や肺に汚れがたまっているか、鼻詰まりがあって鼻の奥が炎症を起こしています。

ジュン

肺、気管支、鼻、喉をきれいにすれば痰が喉に絡むのが治りますよ。

鼻詰まりや肺の汚れはなんていう病気なのか

鼻詰まりで痰が出る場合や肺が汚れている場合は、なんという病気なのでしょうか?
ここからは、その病名について説明していきます。

ジュン

鼻づまりで痰が出てしまう場合は、後鼻漏という病気です。

鼻の奥の副鼻腔が炎症を起こしているから、鼻水がドロドロになってしまうのです。

そして肺や気管支に汚れがたまっている場合は、特に病名がありません。

しかし、汚れがたまりすぎて炎症を起こすと気管支炎になり、それが悪化すると肺炎になります。

どちらの場合も痰が絡んだときにヒューヒューという呼吸音がします。

気管支炎の場合は90日間以内に症状が治まることが多いです。

肺炎に発展したら発熱して、呼吸ができないくらい咳が出てしまうので、注意しましょう。

どちらの場合も緑色や黄色の痰が出ますが、後鼻漏の場合も同じような色のドロドロした痰が出ます。

痰の状態だけでは病気が判断できません。

後鼻漏は鼻づまり、気管支炎は呼吸音、肺炎は発熱が大きな特徴ですね。

ジュン

自分ではわからない場合は、耳鼻科へ行って検査してもらいましょう。

後鼻漏、気管支炎、肺炎、それぞれの対処法

ジュン

後鼻漏、気管支炎、肺炎の場合は、それぞれの対処法があります。

でも基本的には同じなので、簡単にできるものから取り入れていってください。

まず後鼻漏でも気管支炎でも肺炎でも、正しい痰の出し方を覚える必要があります。

正しい痰の出し方は、意識的に咳をすること。

痰を出しとして、喉に力を入れて「カーッぺ」とやっていると、喉に負担をかけてしまいます。

ですので、意識して咳をして痰を口のほうへ移動させましょう。

一気に吐き出すのではなく、無理なく出る位置まで痰を移動させるのです。

喉に力を入れないで、軽く咳を「ごほっ、ごほっ」とする感じです。

少しづつ痰を前に移す感じで咳をすると、喉が痛くなりません。

そして、痰がスッキリ出たら可能ならうがいをして温かい飲み物を飲んで喉をいたわりましょう。

そして、「水分をとること」も大切。

痰はほとんど水分なので体の中の水分量が減ると粘り気が増して、喉にへばりつきやすくなります。

水分量が増えれば滑りがよくなって、つるっと喉の奥へ流れてくれます。

後鼻漏を治すために購入してほしいもの

ジュン

後鼻漏や肺炎を治すためには、ホットシャワーなどの吸入器がいいといわれています。

蒸気を吸い込んで呼吸器に潤いを与えることで、症状は軽くなるといわれているのです。

僕もホットシャワーを購入して使ったことがあるのですが、たしかに鼻も通って気分がよくなります。

鼻どおりもよくなるし、痰が絡むのもなくなるから、ストレスも軽くなるのです。

でも、この効果は30分くらいしか続きません。

1時間くらいしたら完全に元の状態に戻っています。

鼻づまりで鼻の呼吸ができない、痰が絡んで会話ができない、吐き出そうとしても吐き出せないのです。

しかもホットシャワーは1万円くらいして、加湿器や炊飯器くらいの大きさです。

扱いづらいし効果も長続きしないから、買わないほうがいいと思います。

ジュン

それよりも購入してほしいのは「加湿器」ですね。

部屋で使う用の加湿器と持ち歩ける卓上加湿器を購入しましょう。

そして、自宅でも職場でも加湿器をたいて鼻と喉が乾燥しないようにしてください。

ホットシャワーは、蒸気を吸い込んでいる間は他のことが何もできませんが、加湿器は水を入れてセットしてふつうに生活をすればいいだけなので、時間もかからないし、扱いも楽です。

ジュン

卓上加湿器は手のひらサイズで香水ボトルのようなおしゃれなデザインのものから、シンプルなものまであります。

値段は1,000円代~3,000円代と手ごろなので、ホットシャワーよりもメリットが多いですよ。

痰が喉にからむのを抑える方法

痰が喉に絡むのを抑えるためには、痰が出てくるのを抑えるとよくありません。

ジュン

痰が老廃物なので、しっかり排出しないといけないからです。

ですので、痰が出やすいように加湿器をたいて、喉を鍛える必要があります。

痰が少し絡んでも咳込んだりしない強いのどを作るためには、発声するのがいちばんです。

「あえいうえいあお」などの基本的な発声練習でもいいですし、音階を歌うだけでもOK。
朝家を出る前に毎日やって、声を出しやすい状態ののどにしましょう。

また、早起きをするとそれだけで声が出やすくなるそうです。

後鼻漏で悩んでいる人は、いつもよりも30分でもいいから早起きする習慣をつけてください。

また、痰で喉には刺激が加わっているので、それ以外で喉に刺激を与えないようにしましょう。

辛い物や揚げ物などの脂っこいもの、熱いもの、冷たいものなどを食べないようにしてください。

せんべいやスナック菓子などの硬いものも喉への負担になりますよ。

喉に負担にならない飲み物

ジュン

喉に負担になるのは食べ物だけではありません。

飲み物も負担になるので、低刺激なものを選びましょう。

今はコーラやソーダなどの炭酸水を好んで飲む人が多いし、冷蔵庫から24時間冷たい飲み物を出して飲めます。

でもこれは喉にはよくないのです。

特に冬は寒くて乾燥していてただでさえ喉に負担がかかっているので、温かい飲み物を飲みましょう。

大人でも温かい飲み物が好きじゃないという人がいますが、さっぱりした味の飲み物なら飲みやすいですよね?

ジュン

なた豆茶という鹿児島県産のお茶には排膿作用や抗炎症作用があって、痰が絡んで炎症を起こしている喉の症状を抑えてくれる効果が期待できます。

温かい低刺激な飲み物を飲むと、痰が絡んでいてもスーッと流れていくので今すぐ痰を動詞化したいときにもいいですよ。

病院へ行けばムコダインなどの去痰剤を処方してもらえますが、痰そのものを改善する効果はありません。

出てくる痰を柔らかくする効果しかないので、根本的な解決にはなりませんよ。”

まとめ

痰が喉に絡むのは非常に不便で、通常の生活や仕事にも支障をきたします。

痰の主な原因は、肺や気管支からの分泌物や鼻水が絡んでくることです。

病気が原因の場合、後鼻漏、気管支炎、肺炎が関連していることがあります。

これらの病気には特定の対処法があり、加湿器の使用や適切な痰の出し方を学ぶことが助けになります。

また、積極的に水分を摂取し、喉に優しい飲み物を選ぶことも重要です。