鼻水が喉に流れる原因はなに?どういうタイプが発症する?

鼻水が喉に流れるようになると、QOL低下につがなります。

QOLとは生活の質のことです。

ジュン

僕も鼻水が喉に流れるようになってから、熟睡できなくなって人と会話するのが嫌になりました。

鼻水が喉の奥に絡んでうまく声が出ないからです。

また鼻水が気道に入ると咳がとまらなくなるし、口臭もひどくなります。

鼻水が喉に流れる原因を知って、はやめに治してしまいましょう。

鼻水が喉に流れるのは基本的な人の体の仕組み

鼻水は基本的に鼻の穴から出すものだと思っている人は多いと思います。

喉に流れてくるなんて、体にとても大きな異変が起こってると思いますよね?

でも、実は鼻水はほとんどが喉に流れているのです。

サラサラで透明な鼻水は1日2リットル以上、喉の奥に流れているといわれています。

健康な人でもそうなので、鼻水が喉に流れること自体は問題ありません。

でも、その鼻水がドロドロになると喉にからんで吐き出さないと苦しくなります。

これが痰の正体ですね。

ジュン

気管支や肺から上がってきた老廃物も痰の材料になるのですが、飲み込めないドロドロの鼻水のほうが痰の原因になると私は思います。

風邪をひいたときや疲れた時、ストレスを感じた時に痰がよく出る人は鼻水が材料になっているのです。

そして、鼻水がドロドロになるのは鼻づまり、ストレス、体調不良、花粉症、風邪などが原因

ちょっとしたことで鼻水がドロドロになり、喉の奥でからむようになってしまうのです。

また、こんなタイプの人も鼻水がドロドロになりやすいです。

鼻水がドロドロになりやすいタイプ

鼻水がドロドロになりやすいのは、喉が乾燥しやすい人です。

住んでいる地域が乾燥している、住宅環境が乾燥している、職場が乾燥しているなどさまざまな原因があります。

ジュン

でも、私が多いと思うのは口呼吸の人です。

僕の職場にもいるのですが、ひどい口呼吸でずっと口をあけて生活している人は鼻水がドロドロになりやすいですね。

鼻で呼吸すると外気は鼻と喉の中間地点を通ります。

ここに外気を温めて潤いを与える機能があるので、外気は加湿・加温されて体の中に取り込まれます。

しかし口から外気を吸い込むとこの機能が働かないので、冷たくて乾燥している外気がそのまま体の中に入ります。

これだと全身が冷えて乾燥してしまうし、外気が一番触れるのどはさらに乾燥しますよね。

のどが乾燥して粘膜の働きが弱くなるとほこりやウイルス、雑菌を排出できなくなり、炎症を起こします。

その結果、はなも乾燥して鼻詰まりが起こって、さらに口呼吸になるというわけです。

とくに冬に口呼吸になっている人は、上咽頭炎という病気になりやすいです。

喉と鼻の境目が炎症を起こして、鼻ものども機能しなくなるから、鼻水が鼻の奥の副鼻腔にたまってしまいます。

ジュン

放置された鼻水はどんどん雑菌が繁殖して、「後鼻漏」という病気になります。

これが鼻水がドロドロになって喉に絡む仕組みです。

口呼吸をやめれば後鼻漏は治る

ジュン

後鼻漏で悩んでいる人は、ほとんどが口呼吸です。

ですので、口呼吸をやめれば後鼻漏は治ります。

とてもかんたんなことのように思うかもしれませんが、これが難しいのです。

口呼吸だから鼻詰まりが起こるのか、鼻づまりだから口呼吸になるのか、鶏が先か卵が先かのような話になりますが、鼻詰まりで鼻呼吸ができないからです。

鼻詰まりを解消する方法に鼻うがいがありますが、粘膜の機能を低下されるからよくないといわれ始めていて、実践するのはやめておいたほうがいいです。

ジュン

そこで、ハーブティーで鼻どおりをよくしましょう。

「ネトル」というハーブは抗アレルギー作用があって、ビタミン、鉄分、カルシウム、カリウムなどの栄養がたっぷり含まれています。

ビタミンは免疫力を高めるし、カリウムは利尿作用があって鼻水などの体の中のいらない水分を
出しやすくする効果が期待できます。

ほかには「アイブライト」というハーブは、目や鼻の炎症を抑える効果と花粉症の症状を抑える効果が期待できます。

マチコ

アイブライトは1種類のハーブでできているわけではなくて、ペパーミント、エキナセア、ネトル、エルダーという鼻炎にいいといわれているハーブのブレントだから、ハーブに詳しくない人はアイブライトにするといいですね。

ホットで入れて水筒で持ち歩いて、鼻詰まりが気になったらすぐに飲めば口呼吸を卒業できるかもしれません。

ただもっと後鼻漏に効果が期待できるお茶があります。

ハーブティーよりも効果が期待できるお茶

ジュン

ハーブティーの中には鼻と喉の炎症を抑えて、ビタミンがとれるものがいくつかあります。しかし、それよりももっと効果が期待できるお茶があるのです。

それはなた豆茶です。

排膿作用、抗炎症作用などが期待できるお茶で、ミネラルも豊富に含まれています。

ほうじ茶のような味と香りで、とても飲みやすいお茶ですよ。

ハーブティーには抗炎症作用がある種類がありますが、排膿作用があるものはないです。

しかも、ハーブによっては香りや味がきつくて飲みにくいものがあります。

ジュン

僕は個人的にカモミールがダメでした。

つんとする香りと何とも言えない味が、たまに飲むだけだったらいいですが毎日は飲めないなと思います。

最近ブームのほうじ茶に似ているなた豆茶なら、日本人が飲みやすい味だから毎日飲みやすいです。

排膿作用は意外と早く表れる人が多く、僕も2週間くらいで黄色い鼻水のかたまりがドバーっと出てきました。

マチコ

ある人の体験談には「3日で緑色の鼻水のかたまりが3個出てきた。10円玉くらいの大きさだったからびっくりした」と書かれていて、1週間以内に効果が出る人もいるみたいですね。

なた豆茶はどうやって飲む?ハーブティーとの違い

ジュン

なた豆茶はふつうに麦茶と同じように、やかんで煮だして飲みます。

煮だす時間は5分なので、忙しい朝でもすぐに準備できますね。

ホットでもアイスでも飲めるから好きな方でいいのですが、私はホットで飲んだほうがいいと思います。

ホットで飲むことで加湿と加温ができるので、鼻水が喉の奥に絡まりにくくなるし、粘膜の働きが活性化するからです。

蒸気をしっかり鼻から吸い込みながら飲むと、鼻と喉の機能が良くなることが期待できます。

ハーブティーの場合はティーポットに入れて3分くらい待ってから飲むので、なた豆茶よりも手軽です。

でも、先ほども説明したように排膿作用がないので後鼻漏への効果はなた豆茶のほうがあると思います。

ストレスをため込まないことで後鼻漏は完治しやすくなる

後鼻漏は鼻と喉の症状なので、体の状態が大きく影響しています。

しかし、意外に精神的な状態も影響しているのです。

ストレスを感じると過酸化酸素が発生して、細胞を酸化させてしまいます。

酸化した細胞は老化して機能しなくなってしまうので、体の機能が低下してしまいます。

ストレスを感じていると、体調不良になりやすいのはこのためですね。

ですので、後鼻漏を完治するためにはストレスをためないことが大切。

好きなものを食べる、趣味の時間を充実させる、欲しいものを買うなど小さい自己実現を繰り返していると、だんだん理想の自分になることができます。

そうするとストレスに対する耐久力が高まるので、ちょっとしたことでイライラすることが減ります。

また後鼻漏で具合が悪いときは、好きな色の服を着たり、好きな肌ざわりの雑貨を持ち歩いたりして、ストレスを軽減できるように事前に準備しておきましょう。

また無理して予定を詰め込みすぎないこと、頑張りづぎないことも大切ですね。

このように後鼻漏で悩んでいる人はなた豆茶と口呼吸を心掛けること、ストレス発散をすることで症状が軽くなります。

あとは後鼻漏のことをあまり気にしすぎないことですね。

ジュン

「そのうち少しづつ治るだろう」と気軽になた豆茶の効果を待ちながら、生活をしてください。

まとめ

鼻水が喉に流れることは基本的な体の仕組みであり、鼻水がドロドロになると痰の原因になります。

乾燥した環境や口呼吸が鼻水のドロドロ化を促進し、後鼻漏のリスクを高めます。

後鼻漏を治療するためには、口呼吸をやめることとストレスを軽減することが重要です。

なた豆茶は後鼻漏の症状緩和に効果的であり、鼻と喉の機能を改善する効果があります。

ストレスの管理や自己実現を追求することも、後鼻漏の治療に役立ちます。