咳が止まらないのは鼻水が喉に流れるせい?対処法は?

鼻水が鼻の奥にたまってしまう後鼻漏という病気は、人によって症状に個人差があります。

僕は鼻が喉に流れることと鼻詰まりがひどかったのですが、ほかの人の体験談をみると違う症状が。

ジュン

僕が意外だなと思ったのは、「咳が止まらない」という症状。

鼻の病気なのに咳が止まらなくなる人が多く、「呼吸ができなくなることもある」という人もいました。

後鼻漏の症状は命にかかわらないし痛みもかゆみもないのですが、とても苦しい症状が続きます。

僕も完治できたので、後鼻漏で悩んでいる人ははやめに治して健康な生活を取り戻しましょう。

後鼻漏で咳が止まらない人の体験談

ある男性の体験談には、後鼻漏で咳がとまらないときの苦しさが書かれていました。


周りに迷惑をかけることもあって、大変な思いをしているそうです。

「職場の食堂でアジフライ定食を食べているときに、後鼻漏の痰が絡んでしまった。

周りは食事中の人ばかりだから、咳込むのもよくないと思ってトイレで痰を吐き出し再び席へ。

しかし、そのあとにアジフライのギザギザした衣が喉に当たって、むせてしまい口の中のものを出しそうになってしまった。

周りにかなり心配されたし、迷惑そうな顔をしている人もいたので、それ以降昼ご飯は自分のデスクで食べることに。

うちの会社は食堂で食べる人が圧倒的に多いから、デスクのほうが人に気を使わなくていい。

食事中に咳込んでとまらなくなったときに、デスク下のごみ箱に吐き出せばいいから安心して食事できる」

このように、後鼻漏で喉にちょっとでも刺激が加わると咳込んでしまうようになった人もいます。

食事をデスクで取ることで、今まで昼ご飯を食べながらしていた会話や気分転換ができなくなっているそうです。

「この程度で生活の質がは落ちない」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

ジュン

ご飯を食べているときに咳込むのが心配で外食ができなくなって、デートする機会が減って恋人に振られてしまったり、家族で外食できなくなって、家族と一緒に思い出をつくることが減ってしまったりします。

とくに既婚者は、子供たちとすれ違いの原因になってしまうこともあるのです。

後鼻漏で咳が出てしまう原因

鼻の症状で喉には関係ないイメージがある後鼻漏。
しかし、咳が出てしまうには原因があります。

それは、後鼻漏で鼻水が喉に流れるから。

鼻の奥の副鼻腔に鼻水がたまって、膿状になったものが喉の奥に流れることで喉の奥が炎症を起こしてしまうのです。

健康な人でも鼻水は毎日2リットル以上喉に流れるといわれていますが、この鼻水はサラサラで無害です。

しかし、後鼻漏の人の鼻水はドロドロしているうえに副鼻腔にたまっている間に雑菌がたまっています。

その雑菌ばらけの鼻水が1日中、喉の奥に流れるから鼻水があたる部分はかぶれたり、ただれたりしやすいのです。

ジュン

僕の場合は風邪をこじらせて急性副鼻腔炎になって、慢性副鼻腔炎になり、後鼻漏になりました。

副鼻腔炎は副鼻腔に炎症ができることですが、この炎症が鼻と喉の間にまで広がったのかもしれません。

でも風邪をひいている段階から「喉が少し赤いですね」と先生に言われていたから、もともと炎症が起きていたのかも。

喉に炎症が起きてから後鼻漏になる場合も、後鼻漏になってから喉に炎症が起こる場合も、鼻水が流れるたびに咳が出る可能性があります。

ジュン

僕の場合はせきがあまり出なかったのですが、喉にヒリヒリ感はずっと感じていました。

ですので、咳が出てもおかしくなかったのだと思います。

後鼻漏は鼻だけではなく喉にも負担がかかるので、咳が止まらなくなることは十分考えられますね。

上咽頭炎になると咳が出やすくなる

後鼻漏の原因には、私と同じように慢性副鼻腔炎(蓄膿症)が多いといわれています。

しかし、ほかにもさまざまな原因があります。

慢性副鼻腔炎と同じくらいに多いといわれているのは、アレルギー性鼻炎、上咽頭炎。

アレルギー性鼻炎は、花粉症やほこりが多いところでくしゃみや咳が止まらなくなる症状ですね。

ジュン

僕も花粉症なのですが、アレルゲンが体の中に入ってくると鼻水が出るから鼻が詰まりやすいです。

鼻詰まりが起こると鼻の奥に鼻水がたまりやすいから、副鼻腔炎になって後鼻漏になる可能性があります。

また、上咽頭炎は鼻と喉の境目に起こる炎症です。

風邪をひいたり、疲れがたまっていたり、口呼吸だったりすると炎症になります。

鼻と喉の境目に炎症ができるとそこから膿が発生して、鼻水の流れが悪くなり、副鼻腔に膿と鼻水がたまってしまうのです。

また、雑菌も繁殖するから後鼻漏になりやすいです。

ジュン

炎症が起こって後鼻漏になったり、悪化したりして、さらに炎症がひどくなる…。

こうした悪循環で、後鼻漏が治りにくくなってしまいます。

咳が止まらないのは後鼻漏以外の原因もある

ジュン

痰が絡んで咳が止まらないのは、後鼻漏以外にも原因があります。

ここからは、後鼻漏以外の病気についてお話していきます。

咳が止まらないのは後鼻漏以外にも原因があります。

それは以下のような病気です。

細菌性肺炎、気管支炎、胸膜炎、肺結核症、COPD、痰水腫、肺がん、気管支拡張症など。
COPDとは慢性閉そく性肺疾患の略です。

タバコなどの有害なものをずっと摂取し続けていることが原因でなる病気です。

肺に炎症ができるから、咳が出やすくなります。

調べてみると、2020年までに全世界の死亡原因の第3位になるといわれているそうです。

これらの病気でも痰は出ます。

しかし、後鼻漏と決定的に違うのは鼻詰まりがないこと、痰がネバネバしていないことです。

これらの病気で出てくる痰は鼻水ではなく肺から上がってくるものなので、ネバネバして糸を引くことはありません。

あと口臭がひどくなったり、しゃべりづらくなるのも後鼻漏特有の症状。

ジュン

痰と咳以外の症状で、後鼻漏かどうかを判断しましょう。

後鼻漏で咳が悪化するのは夜

ジュン

後鼻漏は咳がひどくなる時間帯が決まっています。

それは夜寝ているときです。

夜寝ているときは体が横になっているから、副鼻腔から流れてくる鼻水が食道や気道に入りやすくなります。

鼻水が食道に流れるときは咳がでないのですが、気道に入ってしまうと咳込んでしまいます。

起きているときは鼻と喉の境目からまっすぐに伸びている食道に入りやすいのですが、寝ているときは体が横なので気道に入りやすいのです。

ジュン

僕も後鼻漏の時は鼻水が気道に入ってむせてしまい、夜に眠れないことが多かったです。

後鼻漏で咳が夜によく出る場合は、対策を打てば症状が軽くなります。

寝ているときにマフラーとマスクをつけると、喉と鼻の乾燥が防げるので鼻水の流れがよくなります。

鼻水の流れが良くなると気道と食道の境目にたまらずに、流れやすくなるから気道に入る可能性が低くなります。

それで熟睡できれば、ストレスや疲れがたまらなくなるから免疫力が高くなります。

後鼻漏が治りやすくなるから、症状が軽くなりやすいですよ。

もっと効果的な解消法

マスクとマフラーをして寝ることも効果がある程度、期待できます。

しかし、体験談をみてみると劇的に効果があるという人はいませんでした。

もっと効果的が期待できるケアをしたほうがいいですよね?

ジュン

僕の場合は、なた豆茶で後鼻漏の症状を完治することができました。

なた豆茶は排膿作用、抗炎症作用などが期待できるから、口コミでも「完治した」「咳がとまった」というものがたくさんありました。

「5年以上続いていた後鼻漏の咳がなた豆茶で1か月のうちに完治した」という人もいて、長引いている後鼻漏にも効果が期待できます。

ジュン

僕も8年くらい後鼻漏で悩んでいましたが、なた豆茶で完治しましたし。

なた豆茶の排膿作用で鼻水を出し切って、抗炎症作用で上咽頭炎を完治できれば、毎日の生活はかなり楽になりますよ。

後鼻漏の咳は、鼻水と炎症が原因なので市販の咳止めや病院で処方される咳止めでは治りません。

薬よりもなた豆茶のほうが効果が出やすいですよ。

まとめ

後鼻漏は個人差があり、症状もさまざまです。

主な症状は鼻詰まりや喉への流れ、そして特に咳が止まらないことです。

後鼻漏の原因は鼻水が喉に流れることで起こる炎症であり、アレルギー性鼻炎や上咽頭炎も関連しています。

夜の寝ている時に症状が悪化しやすく、その対策としてマフラーやマスクの着用が効果的です。

また、なた豆茶が後鼻漏の症状を改善するという報告もあります。

後鼻漏の咳は市販の薬ではなかなか改善されないため、なた豆茶などの自然療法の利用も検討すべきです。