どんな薬でも鼻水が喉に流れる症状には効かないって本当?

最近具合が悪いなと思っている人の中で、鼻水のような痰が止まらない症状で困っている人がいるはず。

そういう人は、後鼻漏という症状かもしれません。

ジュン

後鼻漏は鼻詰まりやのどの炎症などが原因でなる症状で、成人の3割は後鼻漏と言われています。

しかも効果的な薬がまだないから、長期化している人が多いのだとか。

僕も8年くらい後鼻漏に悩みましたが、ある方法ですっきり完治しました。

ここでは、薬に頼りすぎない後鼻漏の治し方についてお話していきます。

後鼻漏の治療は途中であきらめてしまう人が多い

ジュン

後鼻漏になると、鼻詰まりと鼻水が喉に流れる症状にイライラしてしまう人が多いはず。

僕も後鼻漏の時にこの2つの症状が寝ても覚めても続くから、疲れ切っているときがありました。

こういうときは、まず市販薬を試してみてそれでもだめなら病院へ行きますよね?

大半の病気はこの段階で治るのですが、後鼻漏はこの段階ではまず治りません。

ですので、ほとんどの人が「もうこのままでいいや」とあきらめてしまうのです。

後鼻漏は鼻詰まりと痰がひどいけど、命に係わる病気ではありません。

少しつらいのを我慢しながら生活をしていれば、ふつうに日常生活を送ることができます。

ジュン

僕もそう思って我慢していたのですが、いい方法を知って2か月くらいで完治させました。

後鼻漏が完治してからは、世界が変わったような気分になっています。

呼吸がしやすい、食べやすい、飲みやすい、しゃべりやすい、熟睡できる、疲れにくい。

いいことだらけなので、本当に完治できてよかったと思っています。

あなたも後鼻漏を完治させると、生活の質が向上して性格が明るくなりますよ。

私が試してみた薬まとめ

ジュン

僕が病院で飲んでいた薬を今あなたが飲んでいる場合は、このまま飲み続けていても完治が期待できません。

ですので、病院に相談して飲むのをやめるか、通院することそのものをやめてみましょう。

僕が耳鼻科に通っているときにもらっていたのは、以下のような薬です。

・マクロライド系抗生剤    一般的な抗生剤で風邪などにも処方される薬
・ムコダイン         痰を柔らかくする効果が期待できる去痰剤
・アレグラ          アレルギー症状をおさえる薬
・セチリジン(ジルテック)  アレルギーを抑える薬
・辛夷清肺湯 ツムラ104番   鼻水を出しやすくする、鼻づまり、慢性鼻炎など
・小青竜湯  ツムラ19番   気管支炎、気管支喘息、風邪、鼻炎、アレルギー鼻炎など
・麻黄附子細辛湯 ツムラ127番 かぜ、気管支炎などに効果が期待できる

これらの薬は飲んでいるときは症状が治まっていて、「後鼻漏が治ってるかも」と思えましたが飲むのを辞めると症状が元に戻っていたので、「薬で症状を抑えているだけ」でした。

ジュン

根本的な解決にはならないので、飲み続けるよりもほかの方法にしたほうがいいです。

病院でもらう薬の活用法

ジュン

病院でもらう後鼻漏の薬は症状を抑えるだけで、根本的な治療にはなりません。

でも、この症状を抑えるのが必要なときもあります。

例えば、後鼻漏の症状で鼻水が喉に絡んで咳が止まらなくなっている人がいきなり薬を飲むのをやめると、1日中咳が止まらなくなって仕事ができなくなってしまいます。

ですので、もっとなた豆茶に効果が期待できる方法を試しつつ、咳止めで咳の症状を軽くしておくといいでしょう。

ほかには鼻水が喉に流れると痰になるのですが、その痰が絡んでしゃべれないという人。

僕も後鼻漏のときにしゃべれなくなって、仕事に支障が出たのでそのつらさはよくわかります。

そういう人は、ムコダインなどの去痰剤で痰を抑えつつ、後鼻漏に効果が期待できる方法を試してください。

ジュン

このようにメインの治療法はもっと効果が期待できる方法で、サブの治療法として病院の薬を使うというのはアリだと思います。

私がやって効果があった治療法

ジュン

後鼻漏で悩んでいる人に、ぜひ試してほしい方法があります。

それはなた豆茶を毎日飲むことです。

なた豆茶には排膿作用と抗炎症作用があるから鼻の奥の副鼻腔にたまっている鼻水を出し切って、鼻の穴と喉にできている炎症を治してくれる効果が期待できます。

なた豆茶は30日分3,000円代と少し高めですが、毎日500mlくらいを飲んでいれば自然と後鼻漏が治ってきます。

まず朝起きた時に吐き出す痰の量が変わります。

ジュン

僕は10円玉くらいのかたまりを2回吐き出してから、1日中痰が出ていました。

それでかなり症状がよくなりましたね。

病院の薬は症状を抑えるだけだから、痰の出をよくする効果は期待できません。

ここが病院の薬となた豆茶の最大の違いです。

薬ではこうした効果は期待できないので、なた豆茶のような食品でデトックスするしかないのです。

なた豆茶以外にもデトックス作用が期待できるものを積極的に食べて、後鼻漏を食事で治しましょう。

後鼻漏に効果が期待できる食材まとめ

ジュン

食事で後鼻漏を治療するためには、後鼻漏に効果が期待できる食材を知っておく必要があります。

ここからは、デトックス効果が期待できる食材をまとめてみました。

鼻水は、体の中のいらない水分で雑菌や白血球の死骸がコーティングされているものです。

つまり、毒素なので便や尿と同じジャンルですね。

それを排出しやすくするには、デトックス効果が期待できるものを食べるといいでしょう。

デトックス効果が期待できる食材で有名なのは、緑黄色野菜ですね。

ビタミンや食物繊維が豊富に含まれていて、美容にも健康にもいいと評判です。

たくさん食べるために蒸し野菜にしたり、煮物にする人が多いのですがスープで食べてください。

ビタミンは熱に弱いから生のまま食べるといいと言われていますが、生のままでは体を冷やします。

熱を加えて溶けだしたビタミンもすべて食べられるから、スープにしたほうがいいでしょう。

最後の1滴まで飲み干せば、ビタミンもミネラルも逃さずとれます。

ジュン

ほかには海藻類ですね。

わかめやヒジキにはビタミンやミネラルが豊富で、カルシウムもとれます。

大腸にたまった特措である滞留便も出やすくしてくれるから、全身のデトックスができます。

消化器官のデトックスができれば、ほかの器官のデトックスも活性化するから、鼻水も出やすくなりますよ。

僕の知り合いはヒジキが大好きで週1で欠かさず食べるといっています。

本当はもっと食べたいけど、栄養価が高いから食べすぎに注意しているのだとか。

知り合いは10代のころから便秘知らずで、女性がよく言う「最近、お通じがなくて…」という感覚が理解できないと言っています。

疲れたり風邪をひいたりするとすぐに便秘になる私には羨ましい限りです。

ヒジキを積極的に食べて、デトックス効果が出てくるのを待ちましょう。

ジュン

ほかにはレモンが強い殺菌効果があって、体の中の病気厳禁を排除する効果が期待できます。

朝、水にレモンを1切れ浮かばせるだけでも、デトックスになるそうです。

でも、事前に切っておくと切り口から栄養素が出てしまうから、飲む直前に切りましょう。

薬を何種類も常用するのはよくない

ジュン

後鼻漏を治したい一心で病院に処方されるがまま、何種類もの薬を飲んでいるとかえって健康を害する可能性があります。

まず精神的に毎日大量の薬を飲み続けるのは、よくありません。

「自分は病気なんだ」「不健康なんだ」という意識が働いてしまうので、意欲が低下してしまいます。

しかし、毎日飲み続けるのをなた豆茶にすればほうじ茶のようなほっとする香りと味で、癒し効果があります。

疲れているときやイライラしたときに飲むと、心がほぐれるのです。

薬にはこういう効果がないから、僕はなた豆茶で治したほうがいいと思いますよ。

公式サイトから定期コースで購入すると、毎月自動的に届きます。

まとめ

後鼻漏という症状に悩む人が多い中、鼻詰まりや痰が喉に流れる不快感が生じることが挙げられます。

後鼻漏は鼻詰まりやのどの炎症が原因で発生し、効果的な治療法が未だ確立されていません。

薬に頼りすぎない治療法が提案され、後鼻漏に悩む人が多く治療を途中で断念する現状が指摘されました。

薬の常用は健康を損なう可能性があり、なた豆茶など自然食品を積極的に摂取することで後鼻漏の症状が改善されることが示唆されました。