なた豆茶って何?効果や効能、美味しい飲み方などを体験談をもとにご紹介

なた豆茶は、蓄膿症や歯周病への効果、腎機能を助ける働き、むくみや便秘の解消など、健康に役立つさまざまな効能が期待されている健康茶の一種です。

ジュン

この記事では、なた豆茶の元となるなた豆の成分や効能、さらになた豆茶の選び方やおいしい飲み方を詳しく解説します。

健康改善に興味がある方や健康茶を取り入れたい方はぜひ参考にしてみてください。

なた豆茶とは?

ジュン

なた豆茶は、なた豆と呼ばれるマメ科の植物で作ったお茶です。

なた豆は「刀豆」とも書きますが、植物の見た目が中国の刀に似ていることが名前の由来といわれています。

原産地は熱帯アジアで、さやの長さが30~50cmと非常に大きく育つところが特徴です。

なた豆の特徴と種類

白なた豆、赤なた豆

なた豆には白なた豆と赤なた豆があり、それぞれ花や豆の色が異なります。

毒性の差が言及されることもありますが、完熟した豆にはどちらも毒性があるため、加熱などの処理が必要です。

加工で毒性を除去

水にさらす、炒る、発酵させるなどの加工によって毒素は取り除けますが、毒の含有量によってその度合いが変わります。

自宅で栽培したなた豆を食べる場合は、十分な知識を持って調理することが重要です。

福神漬けにも含まれる

スーパーなどで見かけることは少ないなた豆ですが、福神漬けにはしばしば含まれています。

なた豆茶に含まれる成分と効能

ジュン

なた豆茶には、「カナバニン」「コンカナバリンA」という成分が含まれており、これらが健康への効能に大きく関わっています。

  • カナバニン
    特殊なアミノ酸の一種で、排膿作用、抗炎症作用、血行促進作用などが期待されます。
  • コンカナバリンA
    たんぱく質であり、免疫力を高める効果が期待されます。

なた豆茶に期待できる効能・効果

なた豆には、カナバニン、コンカナバリンAのほか、ミネラルや食物繊維なども含まれています。これらの成分による、なた豆茶のさまざまな効能・効果を見てみましょう。

蓄膿症の緩和

蓄膿症は一般に副鼻腔炎のことを指し、副鼻腔に膿が溜まって炎症が悪化する病気です。

なた豆に含まれるカナバニンは排膿作用と抗炎症作用があり、蓄膿症への効果が期待されています。

腎機能を助ける作用

腎臓は体内の老廃物などを尿にして排出しますが、腎機能が低下すると老廃物が体内に蓄積し、さまざまな病気の原因となります。

漢方でも古くから腎機能に良いとされるなた豆には、腎機能の回復を助ける作用が期待されます。

血行促進作用・高血圧予防

血行不良はむくみや病気の原因となります。

なた豆に含まれるカナバニンの血行促進作用は、複数の病気に対するなた豆茶の効能としてよく取り上げられます。

また、高血圧の原因の一つである腎機能の低下に対し、なた豆茶は腎機能の回復を助ける作用により高血圧の予防効果も期待されています。

歯周病の緩和・口臭予防

歯周病は細菌による炎症で歯茎や歯の骨が溶け、膿を伴うようになります。

歯周病による口臭の予防・改善には、カナバニンの抗炎症作用や排膿作用が期待できます。

また、コンカナバリンAの免疫力向上作用も歯周病ケアに効果的です。

痔の緩和

痔の症状緩和にもなた豆茶の効能が注目されています。

痔の原因は肛門周辺の血流悪化で炎症が起こることです。

なた豆のカナバニンには血行促進作用、抗炎症作用、排膿作用があり、痔や痔ろうの緩和が期待されます。

アレルギー症状の緩和

アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患は免疫機能の異常が原因です。

コンカナバリンAの免疫力を高める効果により、アレルギー症状緩和への効果が期待されます。

また、がんに対する抗腫瘍作用の研究も行われています。

むくみの改善・便秘解消

なた豆茶にはデトックス効果やダイエット効果が期待されています。

腎機能の回復を助ける作用やミネラルによる利尿作用でむくみの改善、食物繊維による便秘解消が期待できます。

なた豆茶の選び方・飲み方

なた豆茶はノンカフェインであり、カフェインを気にせず飲むことができます。

ジュン

ただし、ほかの素材が混ざっている製品もあるため、カフェインや成分が気になる場合は原材料表記を確認しましょう。

使用されているなた豆の種類や部分、産地なども確認して、自分に合った製品を選ぶのがポイントです。

なた豆茶のおいしい飲み方

  • 熱湯で抽出
    ティーバッグをティーポットやマグカップに入れて熱湯を注ぎます。
  • 煮出す
    やかんで煮出す方法もあります。
  • 水出し
    冷水にティーバッグを入れて抽出します。

抽出時間を調整して好みの濃さで楽しむのがポイントです。

なた豆茶はホットでもアイスでもおいしく飲めます。

炊き込みご飯やお茶漬け、スープに使うこともでき、粉末タイプは牛乳やヨーグルトに入れて楽しめます。

なた豆茶に副作用はある?

ジュン

なた豆茶はお茶のため、副作用の心配は少ないといわれています。

しかし、持病や体質により体調不良やアレルギー症状を起こす可能性があるため、自分に合うか確認しながら飲むようにしましょう。

特にカリウム摂取量に制限がある方は注意が必要です。

また、健康茶の特性上、すぐに効果が出るわけではありません。

飲み過ぎで体調不良が起きることもあるため、適量を飲み続けることが大切です。

なた豆茶を飲んだ人の体験談・感想

1. 蓄膿症や歯周病に対する効果

  • Aさん(40代・男性)
    「長年、蓄膿症に悩まされてきましたが、なた豆茶を飲み始めてから鼻の通りがよくなり、頭痛も軽減されました。最初は味に馴染めませんでしたが、続けていくうちに慣れてきて、今では手放せないお茶になりました。」
  • Bさん(50代・女性)
    「歯茎の腫れと痛みに悩んでいましたが、なた豆茶を飲むようになってから歯茎の状態が改善され、口臭も気にならなくなりました。カナバニンの抗炎症作用と排膿作用のおかげだと思います。」

2. 腎機能のサポートとむくみの改善

  • Cさん(30代・女性)
    「仕事のストレスでむくみがひどく、朝起きると顔や足がパンパンに腫れていました。友人の勧めでなた豆茶を飲み始めたところ、数日でむくみが軽減され、体もすっきりと感じるようになりました。カフェインも含まれていないので安心です。」
  • Dさん(60代・男性)
    「腎機能の低下で病院に通っていましたが、なた豆茶を飲むようになってから尿の出がよくなり、腎機能の値も改善されました。定期的な検査でも良い結果が出ています。」

3. アレルギー症状の緩和

  • Eさん(20代・男性)
    「花粉症で毎年悩んでいたのですが、なた豆茶の免疫力向上効果を信じて飲み始めたら、花粉症の症状が緩和されました。薬と併用していますが、お茶だけでも効果を感じています。」

4. 痔の緩和

  • Fさん(50代・男性)
    「痔の痛みに耐えかねていたところ、友人からなた豆茶を紹介されました。毎日飲むようにしたら痛みが和らぎ、便通もよくなりました。カナバニンの排膿作用と血行促進作用が効いていると感じます。」

5. デトックス効果や便秘解消

  • Gさん(30代・女性)
    「腸内環境を整えたくてなた豆茶を始めました。飲み続けることで、便秘が解消され、体重も少し減りました。食物繊維が多く含まれているので、お通じがよくなったのだと思います。」
  • Hさん(40代・女性)
    「ダイエット目的でなた豆茶を取り入れましたが、期待通りの効果が得られました。むくみもなくなり、腸内環境も良くなって肌の調子が良くなりました。」

実際になた豆茶を飲んで後鼻漏が改善した体験談

ジュン

私は8年もの間、後鼻漏(こうびろう)に悩まされてきました。

後鼻漏とは、鼻水や鼻の粘液が喉に流れ落ちる症状で、特に寝起きには喉に粘液が絡んで不快感を感じるものでした。

これが原因で、朝起きたときに喉が痛かったり、咳が止まらなくなったりすることもしばしばありました。

蓄膿症と診断され、耳鼻科での治療を続けていましたが、症状はなかなか改善せず、日常生活にも支障が出ていました。

そんなときに、友人から「なた豆茶が蓄膿症や後鼻漏に効果があるらしいよ」と勧められました。

最初は半信半疑でしたが、少しでも症状が和らぐならと思い、ネットで見つけた国産の白なた豆を使ったお茶を注文してみることにしました。

なぜなた豆茶を選んだのか

なた豆茶が蓄膿症に効く理由は、排膿作用がある「カナバニン」という成分にあるとのこと。

この成分には、鼻腔に溜まった膿を排出する効果があり、さらに抗炎症作用もあるため、副鼻腔の炎症を和らげてくれるそうです。

その他にも、免疫力を高める「コンカナバリンA」や、血行を促進するミネラルも含まれているとのことで、これらの成分が後鼻漏の改善にも役立つと期待しました。

まとめ

なた豆茶は、蓄膿症や歯周病、腎機能の不調、痔などに効果が期待される健康茶です。

薬とは異なりすぐに明らかな効果を実感するのは難しいですが、続けることで徐々に効果が期待できるでしょう。

日常生活に取り入れる健康茶として、なた豆100%のお茶が苦手な場合は、ブレンド茶も試してみると良いかもしれません。

なた豆茶は、健康改善を目指す方にとって心強い味方となるでしょう。

自身の好みに合ったなた豆茶を見つけて、日々の生活に取り入れてみてください。