肩こりと後鼻漏の関係性は?肩が凝っていると後鼻漏になるの?

鼻詰まりやのどの炎症が悪化したことで発症してしまう後鼻漏。

後鼻漏になると、呼吸が苦しくなるからすべての行動が大変になってしまいます。

ジュン

僕は朝起きるところから夜寝るところまで、すべての行動がつらくなった時期があります。

うつ病なんじゃないかと思うくらいに、ちょっとしたことに疲れてしまうのです。

そういう時は体に余計な力が入っているから、肩こりにもなりやすいです。

後鼻漏になっている人のほとんどが肩こりになっているといわれているので、両方改善しましょう。

後鼻漏になると肩こりになってしまう

ジュン

後鼻漏になって呼吸がしにくくなると、全身に酸素が行かなくなってしまいます。

その結果、体を動かすのにも物事を考えるのにも疲れてしまって無気力になります。

それでも仕事をしないといけないし、家事もしないといけないとなると、ストレスが溜まりますよね?

ストレスを感じているとき、人は体に力が入って筋肉が固まっているので、肩こりになりやすい状態です。

「落ちたものを拾う」「いつもやっている雑用を片付ける」そんなことにまでイライラしてしまうから、肩に力がはいって肩こりになってしまうのです。

ある女性の体験談には、

「仕事中に痰が絡んだらどうしようと思っているだけで肩に力が入る感じがする。

痰や鼻水のことを考えて不安になると無意識に肩に力が入る」

と書かれていました。

後鼻漏になって肩コリになるのには医学的な根拠がある

ジュン

後鼻漏で悩んでいる人が肩こりになりやすいのは、ストレスや緊張などの精神的な理由だけではなく、医学的な根拠があります。

それは後鼻漏の原因に関係しています。

後鼻漏の原因のほとんどは慢性副鼻腔炎ですが、慢性副鼻腔炎の症状には鼻づまり、口臭などの鼻と喉に関するもののほかに、頭痛、顔面痛、肩こりなどがあります。

そして後鼻漏の原因になりやすい喉と鼻の境目である上咽頭が炎症を起こしている場合も、肩こりの症状が出ます。

このように後鼻漏の原因になる症状で肩こりを起こしている場合が多いのです。

また後鼻漏で鼻水がたまる副鼻腔は、目の下・ほほの奥と目の上・額の奥に広がっています。

ここは本来なら空洞な場所なので、異物である鼻水がたまっていると頭部に悪影響が出てきます。

例えば、血行不良などですね。

ジュン

この血行不良で肩こりが悪くなるのです。

また鼻の周りに自律神経を乱すツボがあって、炎症で腫れた部分がそのツボを圧迫してるから肩こりが起こるという理由もあるといわれています。

あとは単純にたくさん鼻をかんだり、咳をしたりして肩に負担がかかってるからという理由もあります。

このように、後鼻漏と肩こりが一緒に起こる理由はひとつではありません。

ですので、原因を考えるよりもかんたんにできる対処法をどんどんしていって症状を治したほうがいいと思います。

後鼻漏による肩こりを抑えるかんたんにできる対処法

ジュン

後鼻漏で肩こりになってしまうとつらいものがありますが、かんたんにできる対処法で症状は軽くなります。

ここからは、後鼻漏による肩こりを抑える方法について、お話していきます。

肩を温める

全身浴をする、マフラーをまく、スヌードをまく、タートルネックを着るなどさまざまな方法がありますが、肩を温めると筋肉が凝り固まっているのがほぐれます。

肩が重くなってきたらマフラーをまくとすぐに肩こりが和らぐので即効性もありますよ。

姿勢を変える

肩こりになっているときは肩が前に出ていたり、肩が上がっていたりと、不自然な姿勢になっています。

両肩を後ろへ回してコリをほぐして、胸を広げるような姿勢に治しましょう。

背筋を伸ばすと自然と肩が広がるので、座り仕事でも立ち仕事でも姿勢を治してみてください。

ストレッチをする

両肩を回す、両腕を前後逆に回す、思いっきり伸びをするなど、なんでもいいので肩がほぐれるようなストレッチをしてください。

筋肉は動かすことがいちばんコリがほぐれるから、ストレッチは効果が期待できますよ。

このような方法で肩こりを改善すれば鼻と喉の血行もよくなります。

鼻と喉の粘膜の働きがよくなって、後鼻漏が完治しやすくなると思うので、試してみてください。

肩こりに効果が期待できる肩甲骨はがし

肩こりと後鼻漏を両方治すのは大変ですが、肩こりだけならかんたんに対策をうてます。

ここでは、肩こりに効果が期待できるストレッチを紹介していきましょう。

ジュン

肩こりにいいといわれているのは「肩甲骨はがし」です。

名前は少し怖いですが、僕もやってみたらとても気持ちよかったですよ。

やり方はかんたん。

・立って両手を天上にあげてひじを90度に曲げてまっすぐ下ろします。

・両肘が平行になった位置で10秒止めます。(この時呼吸は鼻から吸って口から吐きましょう。)

これを10回繰り返してください。

そして両足を肩幅に開いて息を吸いながら両腕をあげて、頭の上でひじを伸ばして両手を合わせます。

そして、息を吐きながら手のひらを外側にしてひじを曲げながら胸の位置まで下ろします。

肩甲骨を寄せるイメージで、ひじをそのままの位置で10秒キープしてください。

最後にお尻の位置で両手を組み、息を吸いながら無理のない範囲で両手を上げます。

ほかにもさまざまなストレッチがありますが、かんたんにできるのはこの3つですね。

3つすべてを1セットにしてやってもいいですし、1つだけをしてもいいです。

大切なのは毎日続けることなので、無理のない範囲で試してみてください。

肩こりがほぐれるとストレス解消にもなるから、後鼻漏へもいい影響が出ます。

ジュン

僕は肩こりに悩んでいる自覚はなかったのですが、実際に肩こりストレッチをしてみたら肩が軽くなりました。

肩こりも後鼻漏も慢性化していると、自覚がなくなってしまうので、ストレッチを試してみてください。

ストレッチ以外に効果が期待できる方法

ジュン

ストレッチ以外に効果が期待できる方法は、なた豆茶です。

鼻の奥の副鼻腔にたまっている鼻水を排出してくれる効果が、期待できるのです。

なた豆茶は排膿作用があるし、抗炎症作用があります。

腎機能も活性化する効果が期待できるから、体の中のいらない水分が排出されやすくなります。

腎臓は体の中のいらない水分を尿に変える働きがあるので、後鼻漏の鼻水を排出するのに関係しています。

なた豆茶を飲んで重い腎臓病が治ったという体験談もあるので、後鼻漏にも効果が期待できますね。

ストレッチをすると血行がよくなるし、免疫力も高まります。

なたまめ茶との相乗効果ではやく症状が良くなることが期待できますね。

ジュン

僕は営業職をしているのですが、仕事中の合間を縫って水筒に入れたなた豆茶を飲んでいました。

劇的な効果が出たのは2週間後ですが、持って行った初日から「後鼻漏がつらくなったらなた豆茶がある」という安心感で、今までよりも症状が気にならなかったです。

なた豆茶を飲むと安心できる理由

ジュン

なた豆茶を飲んで後鼻漏の対策をしていると、ほっとできます。

それはなた豆茶の味と香りが理由です。

なた豆茶はほうじ茶のような優しい味と香りなので、飲むとリラックスできます。

ジュン

僕は以前ミンティアで対策を打っていたのですが、すっきりはするけどリラックスはできなかったです。

ただ症状を抑えるだけではなく、後鼻漏と肩こりでストレスをほぐすことは大切です。

ストレスがたまると後鼻漏と肩こりが悪化してしまうので、ミンティアやガムなどよりもなた豆茶のほうがいいですよ。

ミンティアやすっきりするガムは噛んでいるときはスーッとして気分がいいのですが、食べ終わるとすぐに痰が絡んで大変な状態に戻ります。

しかも、食べているときに痰が絡むと気持ち悪くなってしまうのです。

なた豆茶のように後鼻漏を治す効果も期待できないから、食べる量は減らしましょう。

まとめ

後鼻漏は、鼻や喉の炎症が悪化することで発症し、呼吸が苦しくなります。

その結果、肩こりにつながることがあります。

後鼻漏の原因や症状が肩こりを引き起こす医学的根拠もあります。肩こりを軽減する方法として、肩を温める、姿勢を正す、ストレッチを行うことが効果的です。

また、なた豆茶の摂取も後鼻漏に効果的であり、ストレスを軽減し、症状を和らげます。